読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規メンバ配属

新しい人が配属された。

 

今年は、将来有望な若者が自分の会社に入ってくるのはかわいそうと感じてしまった。去年まではまあいいかと思っていたが、今年はなんか、すまない気持ちになった。

 

自分のチームにも2名配属された。一人はうちにふさわしいダメそうな人。もう一人は優秀そうで、うちのようなチームに来てしまって本当にかわいそうというか、もうしわけない。

あなたが成長するスピードや質は、世の中一般と比べてだいぶ低いだろう。

なにしろうちで成長したと言われている5年目ぐらいの人であっても、世の中一般でいえば「使えない」って感じだ。できないことが多すぎる。

企画もディレクションもマネジメントもコーディングもできない。なんか言われたことをやるだけの人でしかない。

5年以上かけてこんな程度で、成長したと言われるのだから底辺っぷりが半端ない。

こんな人しか産み出せない我々が恥ずかしい。そして配属された若者に申し訳ない。

 

あと、もっとレベルの低いところに配属された優秀そうな若者もいる。あの人たちはいったい今後どうやって生き抜いていくのだろうか。

自分の市場価値を徐々にさげながら、アルバイトのような仕事をして、大したことも身に付けられずに過ごすのだろう。

本当になんか申し訳ない。